TOP

人は皆、感情に左右されながら生きる生き物。日々暮らしていく中で、喜び、悲しみ、憎しみ、愛おしむ。否が応でも、感情の変化と向き合いながら生きていく。そんな中、時には、自分一人では抱えきれないほどの大きな感情に襲われることもあるだろう。その感情が、たとえ前向きなものであっても、後ろ向きなものであっても、度が過ぎた大きすぎる感情は、自分自身の気持ちを満たさないものにしたり、不安や恐怖に陥れたりする。そうしてまた、新たな感情と向き合わざるを得なくなる。感情と向き合うことは、とても苦しく難しいものだ。そんな時、寄り添い、背中をさすってくれる存在がいれば、どんなに楽だろうか。その役割を担うひとつが音楽なんだ、と信じている。イソノジックが作り出す音楽で、誰かの気持ちが少しでも楽になれば、本望だ。そんなことを思いながら、自分の感情と向き合い、今日も、言葉を探し、音を紡ぐ。